≪はり・温灸・タッチセラピー(小児はり)・心理カウンセリング・シニア筋力アップ運動≫


                ≪花猫治療室が出来るまで≫

*“花猫治療室”は…

  2010年7月17日に開業いたしました。


*私は鍼灸学校に入学するとすぐに周囲の友人知人はもちろん、ブログにも「卒業したら開業

  します」と宣言してまわりました(*^_^*)


   自分には「これで後には引けない」という決意を持たせることが出来ました。

   周りの方たちは自分のことのように応援してくれました。

  その中に昼間は美容師さん、夜は隣でスナックのママをやっているMさんがいました。


  Mさんは私が鍼灸学校在学中から「そろそろ、スナックは止めようと思うからそこで治療院を

  開いたらどうかな?」と提案してくださいました!!


*鍼灸学校卒業し、国家試験合格後。

  こちらのスナックを改装して鍼灸室を

  開業することとなりました。


*開業する時に、まず店舗選択がとても大変です

  が、Mさんのお陰で全く苦労せずに決まり、

   とてもとても感謝しています。


*20年近くお付き合いのある私よりずっと若い友人小栗清美さんが建築士の資格を持って働いて

  いましたので、内装をお願いできないか連絡しました。

  すぐにOKのお返事をいただけました!!

*鍼灸学生2年生の時の京都旅行で…

  たまたま立ち寄った家具屋さんで

  このピンクの椅子に一目ぼれ!!


*「将来、治療室を開業したらこの椅子を置こう」と

   決めました。


*小栗さんは映画「かもめ食堂」のイメージを提案して

    くれました。


*ふたりの思いを実現するための日々が始まりました。


*りっぱなカウンターを取り去ります。


*奥で小栗清美さんが電気工事の人と打ち合わせ

  をしています。

 

*他にもお仕事を抱えて忙しいなか、小栗さんは

  頻繁に現場に来て、様々な職人さんたちと入念 

   な打ち合わせを繰り返してくれました。

 

*小栗清美さんの存在なくして花猫治療室は完成

  出来なかったのです。


*床暖房の設置工事です。


*鍼灸師の先輩に「ずっと仕事を続けるなら床暖

    房にすると自分の体が楽だよ」と教えていただ

    いのです。


*確かに床暖房にして正解でした。

  冬の寒い日、いらした方たちにも喜ばれていま

   す。


*スナックの時には大型冷蔵庫を置いて

    あったスペースを……


*建築士小栗さんの提案でミニキッチンに

  リニューアルしました!

  とれも使い勝手が良く重宝しています。



*待合室*
*待合室*

*小栗さんのセンスが光るアイデアがあちらこちらに。

 

*この壁を利用した本棚「ニッチ」も小栗さんの提案です。


*トイレにも「ニッチ」


*とても便利に使っています。


*待合室、ハンガーかけと手すり。


*花猫治療室にいらした皆さまが…

  ひととき、家での雑事などを忘れて

  ほっと出来る空間を提供いたします。


*建築士小栗清美さんがリフォーム例としてアップしてくださった記事です。

  ⇒  花猫治療室 リフォーム