≪はり・温灸・タッチセラピー(小児はり)・心理カウンセリング・シニア筋力アップ運動≫


≪花猫とは…名前の由来≫

 

花猫とは中国語で“三毛猫”を意味します。

 

私は10年ほどまえからブログを開いています。

花と猫が好きなことからハンドルネームを

“花猫”としています。

 

ネットで出会った方たちは私を本名よりも「花猫さん」と呼んでくれることが多いです。

 

治療室を開くにあたって本名と同じくらい大事な“花猫”を使いたかったのですが、ちゃんとした普通の名前の方がいいかなと迷いました。

 

ちょうど沖縄旅行をしたので地元の占い師さんに鑑定してもらいました…

「とても良い名前ですよ!是非使いなさい!」と太鼓判をもらえ決定しました(*^_^*)

 

よくよく調べたら“花猫”は中国語で“三毛猫”を意味するのです。

中国語では模様を“花”というので“模様のある猫”ですね。

 

三毛の模様が出るのは遺伝子の関係で雌猫だけです。

突然変異で雄猫で三毛の仔が産まれることがあります。

昔は、貴重な雄の三毛猫を縁起物として、船乗りが海難除けに船に乗せました。

 

花猫治療室にいらしゃる方たち、地域の方たちの難除けの意味を込めて“花猫治療室”と決めました。

 

地域の保健室のように気軽にいらしていただきたいという思いから“治療院”ではなく“治療室”としました。

 



ロゴマークの“花猫っち”は…

 

鍼灸学校での同級生S君との合作です。

ファックスで「もっと太らせてねぇ」などと何度もやり取りして完成。

S君がデータ化してくれたおかげで様々な場面で活躍してくれています。

 

どうぞ花猫治療室とともに花猫っちもよろしくお願いいたします。



 

花猫っちぬいぐるみ                   

 

 

       ❤友人からのプレゼントです❤

開業して間近のある日、治療室の入口に人の気配が…

ライブ友達のRさんが突然訪問してくれました。

このぬいぐるみを抱っこして!!!

その時の感激は今でも忘れられません(*^_^*)

 

いつも治療室に座っていますので会いにいらして下さい❤


雨の降る様子を眺めているアンニュイな花猫っち。



*早春、高尾山に咲く「花猫の目」

 

*「花猫」と名乗ってから後に、このお花を知った

   時の喜びは大きくて、 毎年写真を撮りに高尾山

   に行きます。